最後に編集されたのは 管理者
13.11.2020 | 歴史

音のなんでも小事典 脳が音を聴くしくみから超音波顕微鏡まで (ブルーバックス)

  • 78 読みたい
  • 1 現在読んでいるもの

発行元 岡嶋裕史 .

    Download 音のなんでも小事典 脳が音を聴くしくみから超音波顕微鏡まで (ブルーバックス) 本 Epub や Pdf 無料, 音のなんでも小事典 脳が音を聴くしくみから超音波顕微鏡まで (ブルーバックス), オンラインで書籍をダウンロードする 音のなんでも小事典 脳が音を聴くしくみから超音波顕微鏡まで (ブルーバックス) 無料で, 本の無料読書 音のなんでも小事典 脳が音を聴くしくみから超音波顕微鏡まで (ブルーバックス)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 音のなんでも小事典 脳が音を聴くしくみから超音波顕微鏡まで (ブルーバックス) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  日本音響学会
    • レーベル:  ブルーバックス
    • シリーズ名:  音のなんでも小事典 脳が音を聴くしくみから超音波顕微鏡まで
    • 発売日:  2013年04月26日
    • 出版社:  講談社
    • 商品番号:  4310000029996
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。


    音はふしぎな性質意外な使い道がある。邪魔な騒音は音で消し、水中では画像も音で運ぶ。コンサートホールは建築音響技術の粋。超指向性マイクロホンでマウンド上の投手と捕手の密談を聴き、雑踏の中の人には音のスポットライトで語りかける。微小世界を覗いたり、体の中をみたりすることもできる。さらに、外国語上達法や、音色の心理学、絶対音感や赤ちゃんが聞いている音の話など、音に関連する心理や生理までも追究し、徹底解説。(ブルーバックス・1996年12月刊)

あなたも好きかもしれません

音のなんでも小事典 脳が音を聴くしくみから超音波顕微鏡まで (ブルーバックス) by 岡嶋裕史 ダウンロード PDF EPUB F2