最後に編集されたのは 管理者
23.11.2020 | 歴史

石巻赤十字病院の100日間 増補版

  • 96 読みたい
  • 98 現在読んでいるもの

発行元 平野国美 .

    Download 石巻赤十字病院の100日間 増補版 本 Epub や Pdf 無料, 石巻赤十字病院の100日間 増補版, オンラインで書籍をダウンロードする 石巻赤十字病院の100日間 増補版 無料で, 本の無料読書 石巻赤十字病院の100日間 増補版オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 石巻赤十字病院の100日間 増補版 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  石巻赤十字病院, 由井りょう子
    • シリーズ名:  石巻赤十字病院の100日間 増補版
    • 発売日:  2016年03月25日
    • 出版社:  小学館
    • 商品番号:  4323659350001
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    この医療活動は日本の底力だ。


    簡易ベッドで埋め尽くされた待合室、廊下にあふれる被災者、家族の安否もわからないまま不眠不休の極限状態で働く医療従事者の姿ーー東日本大震災で災害医療の最前線となった石巻赤十字病院での全記録です。


    約20万人が居住する石巻圏の医療施設がほぼ壊滅状態となり、唯一、水没を免れ、自家発電機を所有していたこの病院に人々が殺到。また、石巻市役所が浸水のため孤立、一時は300か所以上に膨れあがった避難所への医療提供やアセスメント(評価付け)も医師自らが担いました。結果的に救えない命も少なくはありませんでしたが、それを最小限に留める努力を、赤十字の組織力と機動力をもって全力で行ったこの病院の取り組みは、今後の災害医療のモデルケースになるともいわれています。


    かつてない規模で行われた過酷なトリアージ、津波被害特有の“低体温症”患者への対応、避難所の劣悪な環境が引き起こした肺炎ーー石巻赤十字病院が体験した死闘の100日間を追い、そこで生まれた様々な人間ドラマと交差させながら描くノンフィクションです。


    ロングセラー単行本を、増補(5年後の石巻赤十字病院・約1万8000字)した文庫化版を電子化!


    【ご注意】※この作品はカラー写真が含まれます。

あなたも好きかもしれません

石巻赤十字病院の100日間 増補版 by 平野国美 ダウンロード PDF EPUB F2