最後に編集されたのは 管理者
26.11.2020 | 歴史

かくて行動経済学は生まれり (文春e-book)

  • 79 読みたい
  • 14 現在読んでいるもの

発行元 リチャード セイラー .

    Download かくて行動経済学は生まれり (文春e-book) 本 Epub や Pdf 無料, かくて行動経済学は生まれり (文春e-book), オンラインで書籍をダウンロードする かくて行動経済学は生まれり (文春e-book) 無料で, 本の無料読書 かくて行動経済学は生まれり (文春e-book)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 かくて行動経済学は生まれり (文春e-book) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  マイケル・ルイス
    • 訳者:  渡会圭子
    • レーベル:  文春e-book
    • 発売日:  2017年07月14日
    • 出版社:  文藝春秋
    • 商品番号:  4390000003781
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    データ分析を武器に、貧乏球団を常勝軍団に作り変えた

    オークランド・アスレチックスGMを描いた『マネー・ボール』は、

    スポーツ界やビジネス界に「データ革命」を巻き起こした。


    刊行後、同書には数多くの反響が寄せられたが、

    その中である1つの批判的な書評が著者の目に止まった。


    「専門家の判断がなぜ彼らの頭の中で歪められてしまうのか。

    それは何年も前に2人の心理学者によって既に説明されている。

    それをこの著者は知らないのか」


    この指摘に衝撃を受けたマイケル・ルイスは、

    その2人のユダヤ人心理学者、ダニエル・カーネマンと

    エイモス・トヴェルスキーの足跡を追いはじめたーー。


    〈目次〉

    ■序 章 見落としていた物語

    ■第1章 専門家はなぜ判断を誤るのか?

    ■第2章 ダニエル・カーネマンは信用しない

    ■第3章 エイモス・トヴェルスキーは発見する

    ■第4章 無意識の世界を可視化する

    ■第5章 直感は間違える

    ■第6章 脳は記憶にだまされる

    ■第7章 人はストーリーを求める

    ■第8章 まず医療の現場が注目した

    ■第9章 そして経済学も

    ■第10章 説明のしかたで選択は変わる

    ■第11章 終わりの始まり

    ■第12章 最後の共同研究

    ■終 章 そして行動経済学は生まれた

    ■解 説 「ポスト真実」のキメラ 月刊誌『FACTA』主筆 阿部重夫

あなたも好きかもしれません

かくて行動経済学は生まれり (文春e-book) by リチャード セイラー ダウンロード PDF EPUB F2

スカウトが直感で選手を「いい」と思ったり、「だめだ」と思ったり。そこから、「確証バイアス」が発生して、正確でも公平でもない評価が。そういったことについて、その『マネー・ボール』を発表した後に、それって、もう言ってる人がいるよ、と指摘される。ダニエル・カーネマンらの「経済行動学」だ。そういうことってあるし、ときにはそれが「不運」となることも。この人の場合、そこから新しい研究分野にふれ、道を拓いていくことになった。なるほどね。