最後に編集されたのは 管理者
12.11.2020 | 歴史

去年の冬、きみと別れ (幻冬舎文庫)

  • 64 読みたい
  • 51 現在読んでいるもの

発行元 宮下奈都 .

    Download 去年の冬、きみと別れ (幻冬舎文庫) 本 Epub や Pdf 無料, 去年の冬、きみと別れ (幻冬舎文庫), オンラインで書籍をダウンロードする 去年の冬、きみと別れ (幻冬舎文庫) 無料で, 本の無料読書 去年の冬、きみと別れ (幻冬舎文庫)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 去年の冬、きみと別れ (幻冬舎文庫) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  中村文則
    • レーベル:  幻冬舎文庫
    • 発売日:  2016年04月12日
    • 出版社:  幻冬舎
    • 商品番号:  4380000403016
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    ライターの「僕」は、ある猟奇殺人事件の被告に面会に行く。彼は二人の女性を殺した罪で死刑判決を受けていた。だが、動機は不可解。事件の関係者も全員どこか歪んでいる。この異様さは何なのか? それは本当に殺人だったのか? 「僕」が真相に辿り着けないのは必然だった。なぜなら、この事件は実はーー。話題騒然のベストセラー、遂に文庫化!

あなたも好きかもしれません

去年の冬、きみと別れ (幻冬舎文庫) by 宮下奈都 ダウンロード PDF EPUB F2

初の中村さん作品です。テレビで紹介され興味を持ってから、やっと読みました。
中村さんの作品はドラマとか映画とか見たことがなかったので、どんな感じなのか全くわからないまま読み始めましたが、展開が早く読みやすくて、どんどん読み進めることが出来ました。ただ、あとがきの謎解きはスルーしてた伏線だったので、張り切って解いたら大きすぎた期待からかちょっと拍子抜けしてしまった感じもありましたが、ちゃんと振り返るとそれも含めて様々な伏線と仕掛け、予想を超えたストーリーで、とても面白かったです。今度の映画化も、小説ならではの世界をどう表現するのか、すごく楽しみです。他の作品も読みたいと思いました。
教団Xで興味を持ち購入。
ミステリーというより、登場人物の詩を読んでいるような気持ちになりました。
この作品のジャンルは、何になるのか。なかなか考えさせられます。