最後に編集されたのは 管理者
28.01.2021 | 歴史

興國高校式Jリーガー育成メソッド ~いまだ全国出場経験のないサッカー部からなぜ毎年Jリーガーが生まれ続けるのか?~

  • 59 読みたい
  • 41 現在読んでいるもの

発行元 風間八宏 .

    Download 興國高校式Jリーガー育成メソッド ~いまだ全国出場経験のないサッカー部からなぜ毎年Jリーガーが生まれ続けるのか?~ 本 Epub や Pdf 無料, 興國高校式Jリーガー育成メソッド ~いまだ全国出場経験のないサッカー部からなぜ毎年Jリーガーが生まれ続けるのか?~, オンラインで書籍をダウンロードする 興國高校式Jリーガー育成メソッド ~いまだ全国出場経験のないサッカー部からなぜ毎年Jリーガーが生まれ続けるのか?~ 無料で, 本の無料読書 興國高校式Jリーガー育成メソッド ~いまだ全国出場経験のないサッカー部からなぜ毎年Jリーガーが生まれ続けるのか?~オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 興國高校式Jリーガー育成メソッド ~いまだ全国出場経験のないサッカー部からなぜ毎年Jリーガーが生まれ続けるのか?~ 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  内野智章
    • シリーズ名:  興國高校式Jリーガー育成メソッド ~いまだ全国出場経験のないサッカー部からなぜ毎年Jリーガーが生まれ続けるのか?~
    • 発売日:  2018年12月14日
    • 出版社:  竹書房
    • 商品番号:  4915653680001
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    内容紹介


    いまだ全国出場経験のないサッカー部から

    なぜ毎年Jリーガーが生まれ続けるのか?


    2017年 西村恭史(清水エスパルス)、大垣勇樹(名古屋グランパス)、島津頼盛(ツエーゲン金沢)

    2018年 起海斗(レノファ山口)、村田透馬(FC岐阜)、中川裕仁(愛媛FC)

    2年連続3名がJリーグ入り。

    プロから声が掛かる尖った人材を育む指導哲学に迫る


    興國高校サッカー部は、これまで一度も全国大会と名のつくものに出たことがありません。

    でも、毎年のようにプロになる選手が出ています。

    2018年度 3人

    2017年度 3人

    興國高校を卒業し、Jリーガーになった選手たちです。

    2018年に大学経由でプロになった1名を入れると、全部で7人になります。

    監督就任当初は部員が12人で、高校からサッカーを始めた選手が7人でした。

    それから12年、毎年複数人のプロを輩出するまでにいたった過程を、この本では隠すことなくすべてお伝えします。


    著者について


    内野智章(うちの・ともあき)

    興國高校サッカー部監督。

    1979年、大阪府堺市生まれ。小学校3年の時、地元の白鷺サッカー少年団でサッカーを始める。1995年、初芝橋本高校1年時に全国高校サッカー選手権大会に出場し、ベスト4進出。高校卒業後、高知大学へ進学。卒業後、愛媛FC(当時JFL)に入団するも原因不明の病気が原因で1年で退団、引退。2006年より興國高校の体育教師、およびサッカー部監督に就任。これまで全国大会の出場はないが、毎年コンスタントにプロ選手を輩出するなど、個性のある選手育成に定評があり、近年、注目される指導者。

あなたも好きかもしれません

興國高校式Jリーガー育成メソッド ~いまだ全国出場経験のないサッカー部からなぜ毎年Jリーガーが生まれ続けるのか?~ by 風間八宏 ダウンロード PDF EPUB F2