最後に編集されたのは 管理者
23.11.2020 | 歴史

江川卓が怪物になった日 (竹書房文庫)

  • 21 読みたい
  • 84 現在読んでいるもの

発行元 江川卓 .

    Download 江川卓が怪物になった日 (竹書房文庫) 本 Epub や Pdf 無料, 江川卓が怪物になった日 (竹書房文庫), オンラインで書籍をダウンロードする 江川卓が怪物になった日 (竹書房文庫) 無料で, 本の無料読書 江川卓が怪物になった日 (竹書房文庫)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 江川卓が怪物になった日 (竹書房文庫) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  松井優史
    • レーベル:  竹書房文庫
    • シリーズ名:  江川卓が怪物になった日
    • 発売日:  2015年07月31日
    • 出版社:  竹書房
    • 商品番号:  4913271590001
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    江川は高校時代、1試合丸々全力で投げたことがないと言われている。必ずどこかで余力を残しながら投げ、それでもノーヒットノーランをいくつも達成してきた。だが、1年秋の前橋工業戦は、江川にとってペース配分を考えず、ただガムシャラに投げた試合であるのは間違いない。なぜなら、理想のボールを投げられる喜びにずっと浸りたかったからである。もっともっと進化するはずだ。そうすれば、自分の理想とする完全なるピッチングができる。江川の投手本能が本格的に目覚めていく瞬間でもあった。(本文より) なぜ江川は史上最高の投手と呼ばれるのか? 作新学院時代の怪物伝説と、知られざる真実がいま明らかになる!!

あなたも好きかもしれません

江川卓が怪物になった日 (竹書房文庫) by 江川卓 ダウンロード PDF EPUB F2