最後に編集されたのは 管理者
25.11.2020 | 歴史

ヒンシュクの達人(小学館新書)

  • 50 読みたい
  • 60 現在読んでいるもの

発行元 北野武 .

    Download ヒンシュクの達人(小学館新書) 本 Epub や Pdf 無料, ヒンシュクの達人(小学館新書), オンラインで書籍をダウンロードする ヒンシュクの達人(小学館新書) 無料で, 本の無料読書 ヒンシュクの達人(小学館新書)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 ヒンシュクの達人(小学館新書) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  ビートたけし
    • レーベル:  小学館新書
    • シリーズ名:  ヒンシュクの達人(小学館新書)
    • 発売日:  2013年12月20日
    • 出版社:  小学館
    • 商品番号:  4322382530001
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    悪口・暴言も、言い方一つで武器になる。


    政治家やタレント、ネットでつぶやく一般人に至るまで、世間は不用意な失言で顰蹙を買うヤツばかり。その点、この男はひと味違う。ヒヤヒヤものの毒舌をマシンガンのように繰り出しつつも、その言葉は常に人々を頷かせる説得力を持っている。悪口・暴言も言い方ひとつで武器になるーー。天才・ビートたけしが、自らの死生観や芸人論を交えながら、「顰蹙の買い方」の極意を語る。

    ●政治家は「顰蹙の買い方」を知らない ●「売れなくなったらエロ」の橋下市長は「落ち目のアイドル」と同じ ●新聞はニッポンの恥を世界にバラ撒いて喜んでる ●「被災地に笑いを」なんて戯れ言だ ●あえていう、「人間愛」を疑え●オイラの終活論●大島渚監督との『戦メリ』爆笑裏話●立川談志さんとの全裸写真秘話●「恥」と「粋」の芸人論●芸の成熟はブームの終わり●馬鹿なガキには「いじめ」じゃなく「犯罪」と言え●高校球児は「方言以外使用禁止」にしろ ●30歳を過ぎた息子に親の責任はあるのか●「ネットで自己アピール」なんてウソに騙されるな

あなたも好きかもしれません

ヒンシュクの達人(小学館新書) (小学館新書) by 北野武 ダウンロード PDF EPUB F2

ビートたけしさんだから許せる‘毒舌’という名の正当論!!
途中経過ですが「たけし」さんらしい頷きながら読める内容です。(さすが)