最後に編集されたのは 管理者
20.11.2020 | 歴史

集団的自衛権 論争のために (PHP新書)

  • 66 読みたい
  • 99 現在読んでいるもの

発行元 佐瀬昌盛 .

    Download 集団的自衛権 論争のために (PHP新書) 本 Epub や Pdf 無料, 集団的自衛権 論争のために (PHP新書), オンラインで書籍をダウンロードする 集団的自衛権 論争のために (PHP新書) 無料で, 本の無料読書 集団的自衛権 論争のために (PHP新書)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 集団的自衛権 論争のために (PHP新書) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  佐瀬昌盛
    • レーベル:  PHP新書
    • 発売日:  2014年04月18日
    • 出版社:  PHP研究所
    • 商品番号:  4430000000444
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    政府解釈の欠陥を正す──わが国最大の国防問題を論じた決定版。わが国が「国際法上、保有しているが、憲法上、行使できない」とされる権利、集団的自衛権。この珍妙な政府解釈は、いっさい憲法上の根拠を持たないうえに、国際法の現状とも180度食い違う。なぜ歴代内閣は、この欠陥解釈を墨守しつづけるのか? 本書は日米安保条約、70年安保騒動、新防衛ガイドラインをめぐる国会論戦を歴史的に検証するなかで、政府解釈の奥に巣くう「日本的バイアス」を白日のもとに曝す。プロローグ「信じ難い光景」、第1部「日本的バイアスの三位一体」、第2部「集団安全保障と集団的自衛権」、第3部「内閣法制局の不遜」、第4部「憲法上、保有しているのか」、第5部「日米同盟が験されるとき」、エピローグ「騒然たる情景」。国際法学会、マスコミの「バイアス」と連携した内閣法制局の「政治性」が、わが国の防衛政策を歪め、日米同盟を危機に陥れるーー。

あなたも好きかもしれません

集団的自衛権 論争のために (PHP新書) by 佐瀬昌盛 ダウンロード PDF EPUB F2