最後に編集されたのは 管理者
17.11.2020 | 歴史

評定所留役 秘録 父鷹子鷹 (二見時代小説文庫)

  • 42 読みたい
  • 63 現在読んでいるもの

発行元 牧秀彦 .

    Download 評定所留役 秘録 父鷹子鷹 (二見時代小説文庫) 本 Epub や Pdf 無料, 評定所留役 秘録 父鷹子鷹 (二見時代小説文庫), オンラインで書籍をダウンロードする 評定所留役 秘録 父鷹子鷹 (二見時代小説文庫) 無料で, 本の無料読書 評定所留役 秘録 父鷹子鷹 (二見時代小説文庫)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 評定所留役 秘録 父鷹子鷹 (二見時代小説文庫) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  牧秀彦
    • レーベル:  二見時代小説文庫
    • シリーズ名:  評定所留役 秘録
    • 発売日:  2019年12月06日
    • 出版社:  二見書房
    • 商品番号:  7275623363001
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    天下の法に横槍入れる徳川ゆかりの大身旗本。

    評定所の父子鷹が闘う。


    幕府の最高裁判所、評定所。

    鷹と謳われた父の後を継ぐ若き正義の士、結城新之助。

    将軍家斉にも恐れず盾つく旗本松平左京の悪を許さず。


    評定所は三奉行(町・勘定・寺社)がそれぞれ独自に裁断しえない案件を老中、大目付、目付と合議する幕府の最高裁判所。留役がその実務処理をした。結城新之助は、鷹と謳われた父の後を継いで留役となった。ある日、新之助に「貰い子殺し」に関する調べが下された。探っていくと五千石の大身旗本松平左京の影が浮かんできた。父、弟小次郎との父子鷹の探索が始まって……。


    忖度を排し法を護る! 新シリーズ第1弾

あなたも好きかもしれません

評定所留役 秘録 父鷹子鷹 (二見時代小説文庫) by 牧秀彦 ダウンロード PDF EPUB F2