最後に編集されたのは 管理者
28.11.2020 | 歴史

火薬のはなし 爆発の原理から身のまわりの火薬まで (ブルーバックス)

  • 89 読みたい
  • 25 現在読んでいるもの

発行元 織田一朗 .

    Download 火薬のはなし 爆発の原理から身のまわりの火薬まで (ブルーバックス) 本 Epub や Pdf 無料, 火薬のはなし 爆発の原理から身のまわりの火薬まで (ブルーバックス), オンラインで書籍をダウンロードする 火薬のはなし 爆発の原理から身のまわりの火薬まで (ブルーバックス) 無料で, 本の無料読書 火薬のはなし 爆発の原理から身のまわりの火薬まで (ブルーバックス)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 火薬のはなし 爆発の原理から身のまわりの火薬まで (ブルーバックス) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  松永猛裕
    • レーベル:  ブルーバックス
    • シリーズ名:  火薬のはなし 爆発の原理から身のまわりの火薬まで
    • 発売日:  2015年06月26日
    • 出版社:  講談社
    • 商品番号:  4310000023036
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    小惑星探査機「はやぶさ」を打ち上げたM-Vロケットは、全段が固体ロケット推進薬で構成されていました。実は「爆発する物質」は、我々のまわりに無数にあります。意外なことに、火薬にとっての絶対条件は、必要ない時は「絶対に爆発しないこと」なのです。燃焼、錆び、生命の代謝、爆発。これらのすべての現象に共通なのは「酸化」です。どれもが物質が酸素と結びつく酸化現象なのですが、大きな違いは、そのスピードにあります。火薬は、人類の文明を築いた原動力の一つであると当時に、大いなる不幸を人類にもたらしました。すべては、瞬間的に放出されるその膨大なエネルギーによります。本書は、火薬の化学的側面だけでなく、宇宙ロケットやエアバッグなどの実用的な利用から、打ち上げ花火と「玉屋」「鍵屋」のエピソードまで、火薬のすべてを分かりやすく解説します。(ブルーバックス・2014年8月刊)

あなたも好きかもしれません

火薬のはなし 爆発の原理から身のまわりの火薬まで (ブルーバックス) by 織田一朗 ダウンロード PDF EPUB F2