最後に編集されたのは 管理者
25.11.2020 | 歴史

P+D BOOKS 山中鹿之助

  • 90 読みたい
  • 10 現在読んでいるもの

発行元 松本 清張 .

    Download P+D BOOKS 山中鹿之助 本 Epub や Pdf 無料, P+D BOOKS 山中鹿之助, オンラインで書籍をダウンロードする P+D BOOKS 山中鹿之助 無料で, 本の無料読書 P+D BOOKS 山中鹿之助オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 P+D BOOKS 山中鹿之助 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  松本清張
    • レーベル:  P+D BOOKS
    • シリーズ名:  P+D BOOKS 山中鹿之助
    • 発売日:  2015年05月25日
    • 出版社:  小学館
    • 商品番号:  4323160090001
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    松本清張、幻の作品が初の電子化!


     主君・尼子家の再興を願い、大敵・毛利に果敢に挑み暴れた、山陰の戦国猛将・山中鹿之助の、短くもドラマチックな生涯を生き生きと描く。

    没落しつつあった尼子家一筋に全てを捧げ、月山富田城を取り囲む毛利元就の大軍を、その抜群の勇力と才智により何度も跳ね返し、武名を高めた鹿之助だったが、最終的に尼子義久が毛利の軍門に下り、富田城を明け渡すことになった。

     その後、牢人をしながらも尼子家再興を使命とし、尼子勝久を擁立し、幾度の苦難を乗り越え、石見国入りし新山城を占拠するも、毛利勢との戦に敗れ富田城へ入城することは叶わなかった。

     さらに、10年後、織田信長の毛利攻めに乗じ、再び、尼子軍を再興した鹿之助だが……。

     100度打ちのめされ、1000回も挫折を味わう壮絶な鹿之助の人生、しかし、進むことはあっても退くことはなかった、その義勇の名は、天下に鳴り響いた。

     弊社雑誌「中学生の友」に1年間連載された、松本清張、幻の作品。著者が代表作「点と線」を執筆した頃に同時に描いた、名作が50余年の時を超えて甦る。

あなたも好きかもしれません

P+D BOOKS 山中鹿之助 (P+D BOOKS) by 松本 清張 ダウンロード PDF EPUB F2