最後に編集されたのは 管理者
13.11.2020 | 歴史

35歳から創る自分の年金 (日本経済新聞出版)

  • 21 読みたい
  • 22 現在読んでいるもの

発行元 クリスティー・シェン .

    Download 35歳から創る自分の年金 (日本経済新聞出版) 本 Epub や Pdf 無料, 35歳から創る自分の年金 (日本経済新聞出版), オンラインで書籍をダウンロードする 35歳から創る自分の年金 (日本経済新聞出版) 無料で, 本の無料読書 35歳から創る自分の年金 (日本経済新聞出版)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 35歳から創る自分の年金 (日本経済新聞出版) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  是枝俊悟
    • レーベル:  日本経済新聞出版
    • シリーズ名:  35歳から創る自分の年金
    • 発売日:  2020年03月18日
    • 出版社:  日経BP
    • 商品番号:  4910000012776
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    2050年に65歳。そのとき年金制度は? 老後の暮らしは大丈夫? 過度な不安は無用です!

    大事なのは「世帯の生涯賃金」を増やすこと。

    今なら間に合う資産作りの考え方を、同世代の筆者がわかりやすく解説。


    ◆仕事も家庭も人生の方向性が見え始める35歳

    「35歳」は転職や結婚・出産の目安とされる年齢で、仕事も家庭も人生の方向性が見え始める歳。さらに老後も意識されてくる。この世代が老後を迎えるころには公的年金が破綻しているのでは、という不安を持っている人も少なくない。

    確かに、若い世代ほど将来の年金受給額の下振れリスクが大きくなるのは事実。しかし、公的年金の支給額がゼロになることは絶対にない。


    ◆最低限の生活でいいのか? とはいえ、年金に支えられた「最低限の生活」では夢がない。35歳の世代が豊かな老後を送るために一番大切なことは「世帯の生涯賃金」を増やすこと。働き方やライフスタイルを変え、より長く、パートナーとともに働き続けていく社会を創ることができれば、「自分の年金」も「国全体の年金」も増やしていけるのだ。これに加えて、NISAやiDeCoなどを活用して資産形成を行うことも、豊かな老後への近道になる。

    本書は、自身35歳になる筆者が、公的年金への「過度な不安」を解消するとともに、自分たちが豊かな人生を送るための働き方やライフスタイルのあり方、資産形成への関わり方をいっしょに考える一冊。目からウロコのアドバイスがいっぱいです。

あなたも好きかもしれません

35歳から創る自分の年金 (日本経済新聞出版) by クリスティー・シェン ダウンロード PDF EPUB F2