最後に編集されたのは 管理者
17.11.2020 | 歴史

赤い館の秘密 (創元推理文庫)

  • 48 読みたい
  • 5 現在読んでいるもの

発行元 A・E・W・メースン .

    Download 赤い館の秘密 (創元推理文庫) 本 Epub や Pdf 無料, 赤い館の秘密 (創元推理文庫), オンラインで書籍をダウンロードする 赤い館の秘密 (創元推理文庫) 無料で, 本の無料読書 赤い館の秘密 (創元推理文庫)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 赤い館の秘密 (創元推理文庫) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  A・A・ミルン
    • 訳者:  山田順子
    • レーベル:  創元推理文庫
    • 発売日:  2019年03月20日
    • 出版社:  東京創元社
    • 商品番号:  4741160200000
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    田舎の名士の館で殺人事件

    調査するのは素人探偵ギリンガム

    『クマのプーさん』で知られる著者が書いた長編探偵小説


    長閑な夏の昼下がり、田舎の名士の屋敷、赤い館で一発の銃声が轟いた。死んだのは、オーストラリアから15年ぶりに館の主マークを訪ねてきた兄ロバート。死体を発見したのは館の管理を任されているマークの従弟ケイリーと、館に滞在中の友人を訪ねてきた青年ギリンガムだった。発見時の状況から一緒にいたはずのマークに疑いがかかるが、肝心のマークの行方は杳として知れない。興味を惹かれたギリンガムは、友人ベヴァリーをワトスン役に、事件を調べ始める。『クマのプーさん』で有名な英国の劇作家ミルンが書いた長編探偵小説、新訳決定版。

    解説=加納朋子

あなたも好きかもしれません

赤い館の秘密 (創元推理文庫) by A・E・W・メースン ダウンロード PDF EPUB F2