最後に編集されたのは 管理者
21.11.2020 | 歴史

米中激突 恐慌――板挟みで絞め殺される日本 エコノ・グローバリスト

  • 61 読みたい
  • 68 現在読んでいるもの

発行元 副島隆彦 .

    Download 米中激突 恐慌――板挟みで絞め殺される日本 エコノ・グローバリスト 本 Epub や Pdf 無料, 米中激突 恐慌――板挟みで絞め殺される日本 エコノ・グローバリスト, オンラインで書籍をダウンロードする 米中激突 恐慌――板挟みで絞め殺される日本 エコノ・グローバリスト 無料で, 本の無料読書 米中激突 恐慌――板挟みで絞め殺される日本 エコノ・グローバリストオンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 米中激突 恐慌――板挟みで絞め殺される日本 エコノ・グローバリスト 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  副島隆彦
    • シリーズ名:  エコノ・グローバリスト
    • 発売日:  2019年12月06日
    • 出版社:  祥伝社
    • 商品番号:  4681226850172
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    2018年から続く米中貿易戦争が世界の金融市場に打撃を与え続けている。米中の激突が誘発する金融恐慌である。この貿易戦争は、途中からITハイテク戦争に姿を変えた。米IT企業は頭を抱えたが、それでも米国の対中国強硬派は手を緩めない。なぜなのか? 実は、米中貿易戦争は、金融戦争だったのだーー本書ではフィンテックの進化とともに進む文明の転換を、余すところなくときあかす!

あなたも好きかもしれません

米中激突 恐慌ーー板挟みで絞め殺される日本 by 副島隆彦 ダウンロード PDF EPUB F2