最後に編集されたのは 管理者
13.11.2020 | 歴史

山の神 易・五行と日本の原始蛇信仰 (講談社学術文庫)

  • 96 読みたい
  • 39 現在読んでいるもの

発行元 宮家準 .

    Download 山の神 易・五行と日本の原始蛇信仰 (講談社学術文庫) 本 Epub や Pdf 無料, 山の神 易・五行と日本の原始蛇信仰 (講談社学術文庫), オンラインで書籍をダウンロードする 山の神 易・五行と日本の原始蛇信仰 (講談社学術文庫) 無料で, 本の無料読書 山の神 易・五行と日本の原始蛇信仰 (講談社学術文庫)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 山の神 易・五行と日本の原始蛇信仰 (講談社学術文庫) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  吉野裕子
    • レーベル:  講談社学術文庫
    • シリーズ名:  山の神 易・五行と日本の原始蛇信仰
    • 発売日:  2014年11月28日
    • 出版社:  講談社
    • 商品番号:  4310000019372
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    蛇と猪。なぜ山の神はふたつの異なる神格を持つのか? 日本古来の社の祭神の起源は、祖霊としての蛇神であった。6~7世紀、中国から将来された易・五行による新たな神々が、原始蛇信仰の神々と混淆し、山の神は複雑な相貌をもつようになる。神島の「ゲーターサイ」、熊野・八木山の「笑い祭り」、御田神社の「烏喰神事」などの祭りや習俗を渉猟し、山の神にこめられた意味を読み解く。(講談社学術文庫)

あなたも好きかもしれません

山の神 易・五行と日本の原始蛇信仰 (講談社学術文庫) by 宮家準 ダウンロード PDF EPUB F2