最後に編集されたのは 管理者
18.11.2020 | 歴史

水分を摂ること

  • 17 読みたい
  • 28 現在読んでいるもの

発行元 浅田妙浄 .

    Download 水分を摂ること 本 Epub や Pdf 無料, 水分を摂ること, オンラインで書籍をダウンロードする 水分を摂ること 無料で, 本の無料読書 水分を摂ることオンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 水分を摂ること 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  村山亮
    • 発売日:  2016年10月17日
    • 出版社:  村山亮
    • 商品番号:  1230001388657
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    『水分を摂ること』:それは仕事を辞めてすぐの頃だった。僕は福井に住む友人に誘われて、彼の家を訪ねることにする。そこにはちょうど彼の妹も居合わせていた。綺麗な日本海を眺めているうち、かつての心持を思い出して・・・(短編小説)


    『黒い石』:その日私のオフィスには三人のクライアントがやって来た。私は人々の話を聞き、時に箱庭を使って問題を解決していく。しかしある少年のクライアントが置いた箱庭に知らぬ間に引き込まれてしまい・・・(長めの短編小説)


    『カメラ』:僕は火星人のカメラの中に収められてしまった。そこは様々な時代から来た人たちで構成された一種のコミュニティになっていた。僕はそこでネアンデルタール人に出会い・・・(短編小説)


    『風』:私は風だ。いつから風だったのか、そしていつまで風のままでいるのか、自分でも分からない。私は主に日本の上空を飛びまわり、時に別の風に出会う。オホーツク海を越えて来た北風、エアコンの風、そして台風。私は常に移動し続ける。なぜならそれが風に与えられた役割だから。(掌編小説)


    『ドーナッツ泥棒』:ある日私は新聞でドーナッツ泥棒のことを知った。彼は『ミスタードーナッツ』から出てきた客のドーナッツだけを奪うのだ。私はあまりに興味を惹かれたので、自らドーナッツを買い、彼に罠をしかけることにする・・・(掌編小説)


    『記号たちの世界』:眠れぬ夜を過ごした後で、私はその日甲府でお昼ご飯を食べることにする。JR中央線に乗って甲府に向かう途中、私は奇妙な本を持った男と出会う。図形のみによって構成されたその本に、私は何故か興味を奪われてしまう。三角形の波に手を触れた瞬間、私はその本の中に引きずり込まれてしまう。(短編小説)


    合計六篇の短篇小説を収録。

あなたも好きかもしれません

水分を摂ること by 浅田妙浄 ダウンロード PDF EPUB F2