最後に編集されたのは 管理者
14.11.2020 | 歴史

突きの鬼一 赤蜻 (小学館文庫)

  • 3 読みたい
  • 27 現在読んでいるもの

発行元 鈴木英治 .

    Download 突きの鬼一 赤蜻 (小学館文庫) 本 Epub や Pdf 無料, 突きの鬼一 赤蜻 (小学館文庫), オンラインで書籍をダウンロードする 突きの鬼一 赤蜻 (小学館文庫) 無料で, 本の無料読書 突きの鬼一 赤蜻 (小学館文庫)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 突きの鬼一 赤蜻 (小学館文庫) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  鈴木英治
    • レーベル:  小学館文庫
    • シリーズ名:  突きの鬼一
    • 発売日:  2019年05月02日
    • 出版社:  小学館
    • 商品番号:  4326112860001
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    博打好きの殿様に襲いかかる忍び精鋭4人!


     尾張徳川家の北隣、美濃北山三万石の舵取りを誤り、弟・重二郎に藩政をゆだねて出奔した殿さま・百目鬼一郎太は、博打に目がないのが玉に瑕。中山道板橋宿の手前で、江戸三大青物市場のひとつ、駒込土物店を差配する槐屋徳兵衛主従三人を危難から救ったのが縁で根津に身を落ち着けることになる。北山藩上屋敷には、時の将軍・家斉の娘で一郎太が愛して止まない正室静がいたが、表立って顔を見ることは叶わない。重二郎可愛さに、嫡男・一郎太の命を狙う実母桜香院とその腹心の国家老・黒岩監物が江戸入りしたからだ。監物と入れ替わり、国元に戻ることになった江戸家老・神酒五十八によれば、黒岩家の用人が密かに木曽御嶽山の麓にある羽摺りの隠れ里に向かったという。一郎太とともに江戸で暮らす五十八の嫡男・神酒藍蔵は力士と見紛う偉丈夫だが、無類の心配性。あれこれ気を揉む藍蔵を尻目に、江戸の賭場八十八か所巡りを企てる一郎太。一方、監物の放った羽摺りの精鋭4人は、江戸に潜入して虎視眈々と手を打っていた。四天王と異名をとる羽摺りとの死闘、そして、ついに鬼一の秘剣・滝止の由来が明らかになる!

あなたも好きかもしれません

突きの鬼一 赤蜻 (小学館文庫) by 鈴木英治 ダウンロード PDF EPUB F2