最後に編集されたのは 管理者
15.12.2020 | 歴史

日本の「老後」の正体 (幻冬舎新書)

  • 30 読みたい
  • 61 現在読んでいるもの

発行元 高橋 洋一 .

    Download 日本の「老後」の正体 (幻冬舎新書) 本 Epub や Pdf 無料, 日本の「老後」の正体 (幻冬舎新書), オンラインで書籍をダウンロードする 日本の「老後」の正体 (幻冬舎新書) 無料で, 本の無料読書 日本の「老後」の正体 (幻冬舎新書)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 日本の「老後」の正体 (幻冬舎新書) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  高橋洋一
    • レーベル:  幻冬舎新書
    • 発売日:  2019年03月27日
    • 出版社:  幻冬舎
    • 商品番号:  4380000404559
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    「日本は借金が1000兆円もあり、財政破綻は避けられない」「少子高齢化で経済成長も望めず、将来年金はもらえないだろう」ーー。これらの考えはすべて誤りだと著者は言う。「財政は破綻しないし、年金は確実にもらえる。だから年金の保険料を払わないと損をする! 」そう主張する著者の根拠を数字で具体的に解説。元財務官僚で、政治・経済の表と裏に精通した数量政策学者が、官僚やマスコミの嘘八百を暴くとともに、いま国民が将来の資産防衛のために為すべきことを説く。

あなたも好きかもしれません

日本の「老後」の正体 (幻冬舎新書) by 高橋 洋一 ダウンロード PDF EPUB F2

この本は、日本の失われた20年を解説している本になっていますね。
具体的には、財務省の財政政策と日本銀行の金融政策を、批判していますね。
「不況の時に政府が財政政策と金融政策で、金を市場に出し、好況の時に金を市場から引き揚げる」というセオリーを無視したので、日本が全く、経済成長できなかったとしていますね。
質問者の質問を筆者が答える形式になっていますが、質問者が相当、経済の知識があるので、経済の知識が全くない人には、少し、レベルが高いかもしれませんね。
ただ、筆者の本の中では、かなり、かみ砕いた本になっていますので、経済の知識がなくても、読める本になっていますね。
あと、消費税増税には、絶対に反対していますね。消費税増税によって、日本は、失われた20年になったので、8%から10%に上げるには、絶対に、やめるべきだとしていますね。
あと、最近、筆者を理解する人間がいない為か、筆者にストレスがかかっている気がしますね。
前は、財務省の官僚出身の中では、とても謙虚な発言で、感じが良かったのですが、周りがバカみたいな批判をするようになった為か、ストレスが溜まったためか、やたら「数学重視」や「文系批判」をする本が多くなったので、とても心配ですね。
文系でも、筆者の正しさを理解している人が多くいることを信じてほしいですね。
ストレスからうまく逃げて、健康に注意してほしいですね。