最後に編集されたのは 管理者
09.02.2021 | 歴史

彼女がその名を知らない鳥たち (幻冬舎文庫)

  • 59 読みたい
  • 80 現在読んでいるもの

発行元 中村文則 .

    Download 彼女がその名を知らない鳥たち (幻冬舎文庫) 本 Epub や Pdf 無料, 彼女がその名を知らない鳥たち (幻冬舎文庫), オンラインで書籍をダウンロードする 彼女がその名を知らない鳥たち (幻冬舎文庫) 無料で, 本の無料読書 彼女がその名を知らない鳥たち (幻冬舎文庫)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 彼女がその名を知らない鳥たち (幻冬舎文庫) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  沼田まほかる
    • 発売日:  2012年08月24日
    • 出版社:  幻冬舎
    • 商品番号:  4380000400566
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    八年前に別れた黒崎を忘れられない十和子は、淋しさから十五歳上の男・陣治と暮らし始める。下品で、貧相で、地位もお金もない陣治。彼を激しく嫌悪しながらも離れられない十和子。そんな二人の暮らしを刑事の訪問が脅かす。「黒崎が行方不明だ」と知らされた十和子は、陣治が黒崎を殺したのではないかと疑い始めるが……。衝撃の長編ミステリ。

あなたも好きかもしれません

彼女がその名を知らない鳥たち by 中村文則 ダウンロード PDF EPUB F2

ここまでメインの登場人物に対して嫌悪感しか感じない小説はめずらしいです。正直、ラストまでその不快感は続きました。怖いもの見たさに近い好奇心で読み進めてオチも大体わかったのですが、それでも私は主人公の十和子に同情も共感もできなかった。
びっくりしたのは、その感想がこの小説の最後の一言で覆った瞬間です。
鳥肌が立ちました。涙が出てきました。
何の救いもなくて、後味も悪くて、決して面白い小説ではありません。
登場人物は誰もがエゴのカタマリみたいだし、誰もが何かを間違えて生きてる。
ただ、陣治という存在が全てで、陣治に対する十和子の不快感がそのまま自分のこの小説に対する不快感なのだと気づいた時、私はこの本を読み終えていました。
傑作なのだと思います。
まだ、読んでません。なので、感想は書けません。
映画の予告を見て興味を持ち購入。
皆さんのレビューを見て買ったのですが、結末が悲しく、あまり楽しめませんでした。作品のせいではなく、私の好みとは合わなかったです。