最後に編集されたのは 管理者
19.01.2021 | 歴史

一気に読める「戦争」の昭和史1937~1945 (扶桑社BOOKS新書)

  • 41 読みたい
  • 62 現在読んでいるもの

発行元 青山繁晴 .

    Download 一気に読める「戦争」の昭和史1937~1945 (扶桑社BOOKS新書) 本 Epub や Pdf 無料, 一気に読める「戦争」の昭和史1937~1945 (扶桑社BOOKS新書), オンラインで書籍をダウンロードする 一気に読める「戦争」の昭和史1937~1945 (扶桑社BOOKS新書) 無料で, 本の無料読書 一気に読める「戦争」の昭和史1937~1945 (扶桑社BOOKS新書)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 一気に読める「戦争」の昭和史1937~1945 (扶桑社BOOKS新書) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  小川榮太郎
    • レーベル:  扶桑社BOOKS新書
    • シリーズ名:  一気に読める「戦争」の昭和史1937~1945
    • 発売日:  2018年08月10日
    • 出版社:  扶桑社
    • 商品番号:  4915399500001
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    なぜ日本は大陸に進出したのか? アメリカと戦争を始めたのはなぜか? そして、どうして早期和平に踏み出さなかったのか?


    *昭和の戦争を大局的に捉え、一気によんでスッキリ理解できる。*歴史の流れが頭に入りやすいよう、主な出来事、戦闘ごとに区切った記述をし、それが前の事件からどう繋がり、次の事件にどう結びついてゆくのかを明確化……因果関係が解りやすい。*日本側の動きだけを記さない。外国との相関関係を見えやすくし、当事国それぞれの内在的論理を浮かび上がらせた。*「外交」と「軍事」の双方で、努めて戦略的な観点から分析~ひとつひとつの行動を戦略目標の視点から見ると、歴史が意味を持って浮かび上がってくる。*今の時点から歴史を評価せず、当時の指導者の判断を嘲笑するような書き方は避ける~歴史を考えるときには、当事者になる想像力が必要。*特定の歴史観に縛られない。


    ※本書は平成二七(二〇一五)年八月にKKベストセラーズより発行された『一気に読める「戦争」の昭和史』を新書化したものの電子書籍版です。

あなたも好きかもしれません

一気に読める「戦争」の昭和史1937~1945 (扶桑社BOOKS新書) by 青山繁晴 ダウンロード PDF EPUB F2