最後に編集されたのは 管理者
24.11.2020 | 歴史

知ってはいけない2 日本の主権はこうして失われた (講談社現代新書)

  • 47 読みたい
  • 24 現在読んでいるもの

発行元 矢部宏治 .

    Download 知ってはいけない2 日本の主権はこうして失われた (講談社現代新書) 本 Epub や Pdf 無料, 知ってはいけない2 日本の主権はこうして失われた (講談社現代新書), オンラインで書籍をダウンロードする 知ってはいけない2 日本の主権はこうして失われた (講談社現代新書) 無料で, 本の無料読書 知ってはいけない2 日本の主権はこうして失われた (講談社現代新書)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 知ってはいけない2 日本の主権はこうして失われた (講談社現代新書) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  矢部宏治
    • レーベル:  講談社現代新書
    • シリーズ名:  知ってはいけない
    • 発売日:  2018年11月14日
    • 出版社:  講談社
    • 商品番号:  4310000053452
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    第二次大戦のあと、日本と同じくアメリカとの軍事同盟のもとで主権を失っていたドイツやイタリア、台湾、フィリピン、タイ、パキスタン、多くの中南米諸国、そしていま、ついに韓国までもがそのくびきから脱し、正常な主権国家への道を歩み始めているにもかかわらず、日本の「戦後」だけがいつまでも続く理由とは? 10万部を突破したベストセラー『知ってはいけない』の著者が、「戦後日本の“最後の謎”」に挑む!

あなたも好きかもしれません

知ってはいけない2 日本の主権はこうして失われた (講談社現代新書) by 矢部宏治 ダウンロード PDF EPUB F2

この本では、日米合同委員会があり、アメリカが日本に要求して、日本がアメリカの言いなりになっているという本ですね。
日本がアメリカに負けて以来、日本は、独立していません。
現在まで、アメリカは、日本を日米同盟を守っているので、日本は、肩身がとても狭いです。
その為、日米合同委員会で、アメリカの要求を日本は受け入れらないといけないという構造になっていますね。
ある意味、日本は、外圧でしか、変われないので、アメリカが日本に要求をして、日本が、アメリカのように、進化して、世界に遅れないように、アメリカが外圧のおかげという皮肉が言えますね。
ただ、今回のシリーズでも、日本がアメリカ追従をなくす為の方法が書いてありません。
ただ、日米の闇を暴いても、日米対等は、なりません。
本当に、日本がアメリカと対等になるためには、現状の片務性の高い日米同盟から、集団的自衛権を認めるなど、日米同盟を対等に近づけていくことが大事だと思われます。
アメリカが日本に大きな態度にいられるのは、日本を守ってやっているという態度があるからです。
それに対して、9条を守って、アメリカを批判しても、無責任で、国際社会には通用しません。
本当に必要な事は、日本が、自主防衛を始めて、日本が経済力をつけて、軍事費を増やし、必要なら、核ミサイルを持つことも、大事だと思います。また、情報面でも、日本には、スパイ活動防止法案を制定して、
スパイ天国という言われる日本をなくし、日本に秘密の情報を渡しても大丈夫な状態にするべきだと思いますね。
また、日本の憲法9条の戦争放棄から、改正して、新しい9条は、1:平和主義、2:自衛権を認め、自衛隊の存在を認める。3:PKOのような国際協力に貢献する。のような三つに改正をして、実態と乖離している現状を解消することが大事である。
本書では、基本的に、左翼の筆者が書いた本であり、批判だけをして、どうすれば、現状を変えられるのかの問題解決案がないことです。現状が問題がわかっているので、今度は、どうすれば、日本が独立できるのかを書いてほしいですね。