最後に編集されたのは 管理者
21.11.2020 | 歴史

なりにけらしな京都

  • 90 読みたい
  • 42 現在読んでいるもの

発行元 山田静 .

    Download なりにけらしな京都 本 Epub や Pdf 無料, なりにけらしな京都, オンラインで書籍をダウンロードする なりにけらしな京都 無料で, 本の無料読書 なりにけらしな京都オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 なりにけらしな京都 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  片岡義男
    • 発売日:  2019年12月27日
    • 出版社:  株式会社ボイジャー
    • 商品番号:  9784862399380
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    珈琲、卵サンド、おでん。。。こんな京都の遊び方があったとは!スクラップブック的フォトエッセイ集


    2018年に片岡義男が、篠原恒木、八巻美恵と共に何度か京都に赴いた、その日帰りの旅の様子を中心にした、エッセイと写真によるスクラップブックのような作品です。それは、京都の喫茶店をめぐり珈琲を飲んだ記録であり、おでん屋や定食屋、古本屋、土産屋を味わう散歩の記録であり、片岡義男の短編小説が生まれるバックストーリーでもあります。「葛切りがおでんの前菜」「五月最後の金曜日」「柚子味噌を買います」といった作品を読んだ方は、ニヤリとさせられることでしょう。片岡流京都ガイドであり、作家の旅の記録でもあるのです。


    【目次】

    鴨の川原に秋が来た

    ループのなかで、なりにけらしな

    ロード・マネジャー、冴えわたる

    桜がまだあった雨の京都で

    芸妓がうしろ姿で販売する

    九月二十八日快晴、半日の京都


    【著者】

    片岡義男

    1939年東京生まれ。文筆家。大学在学中よりライターとして「マンハント」「ミステリマガジン」などの雑誌で活躍。74年「白い波の荒野へ」で小説家としてデビュー。翌年には「スローなブギにしてくれ」で第2回野性時代新人文学賞受賞。小説、評論、エッセイ、翻訳などの執筆活動のほかに写真家としても活躍している。著書に『10セントの意識革命』『彼のオートバイ、彼女の島』『メイン・テーマ』『日本語の外へ』ほか多数。近著に『くわえ煙草とカレーライス』(河出書房新社)、『窓の外を見てください』(講談社)などがある。

あなたも好きかもしれません

なりにけらしな京都 by 山田静 ダウンロード PDF EPUB F2