最後に編集されたのは 管理者
22.11.2020 | 歴史

舟を編む (光文社文庫)

  • 98 読みたい
  • 24 現在読んでいるもの

発行元 宮下奈都 .

    Download 舟を編む (光文社文庫) 本 Epub や Pdf 無料, 舟を編む (光文社文庫), オンラインで書籍をダウンロードする 舟を編む (光文社文庫) 無料で, 本の無料読書 舟を編む (光文社文庫)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 舟を編む (光文社文庫) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  三浦しをん
    • レーベル:  光文社文庫
    • シリーズ名:  舟を編む
    • 発売日:  2015年03月13日
    • 出版社:  光文社
    • 商品番号:  4483059200001
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    出版社の営業部員・馬締光也(まじめみつや)は、言葉への鋭いセンスを買われ、辞書編集部に引き抜かれた。新しい辞書「大渡海(だいとかい)」の完成に向け、彼と編集部の面々の長い長い旅が始まる。定年間近のベテラン編集者。日本語研究に人生を捧げる老学者。辞書作りに情熱を持ち始める同僚たち。そして馬締がついに出会った運命の女性。不器用な人々の思いが胸を打つ本屋大賞受賞作! 馬締の恋文全文(?)収録!

あなたも好きかもしれません

舟を編む (光文社文庫) by 宮下奈都 ダウンロード PDF EPUB F2

作品自体の面白さは☆5つ。
書籍も購入し両方読んでみたのですが、同じ作品を読んでもやはり電子書籍は少し味気ない気がします。好みは分かれると思いますが、個人的にやはり紙媒体の方が好きだなーと感じたため、電子のこちらは☆4つ。
何気なく手に取る辞書にこんな多くの人の苦労と喜びが隠されているなんて・・・辞書を見る目が変わりました。気の遠くなるような地道な作業。その果てのゴールではなくその先に更に果てしなく続く道。本当に頭の下がる思いです。家の書棚で茶色い紙魚が浮き出た大辞林を時々開こうかなとそんな気持ちになりました。今までこの作家さんの作品は読んだことがありませんでしたが他のも読みたくなるようなユーモアのセンスのある素敵な作家さんだなと感じました。
むずかしかったけど、たぶん、おもしろかった。