最後に編集されたのは 管理者
19.11.2020 | 歴史

Good Service DX時代における“本当に使いやすい”サービス作りの原則15

  • 33 読みたい
  • 45 現在読んでいるもの

発行元 none .

    Download Good Service DX時代における“本当に使いやすい”サービス作りの原則15 本 Epub や Pdf 無料, Good Service DX時代における“本当に使いやすい”サービス作りの原則15, オンラインで書籍をダウンロードする Good Service DX時代における“本当に使いやすい”サービス作りの原則15 無料で, 本の無料読書 Good Service DX時代における“本当に使いやすい”サービス作りの原則15オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 Good Service DX時代における“本当に使いやすい”サービス作りの原則15 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  ルー・ダウン, ヤナガワ智予
    • 発売日:  2021年01月15日
    • 出版社:  ビー・エヌ・エヌ
    • 商品番号:  5591233793040
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    「気づいたら、使いにくいものができていた……」

    そうならないために、まずはそれが「サービス」だと気づくことからはじめよう。


    本書は、イギリス政府でデジタル改革を推し進めてきた著者が教える、デジタル・トランスフォーメーション(DX)時代のサービスデザイン入門です。「そもそも“サービス”って?」「“よいサービス”や“使いやすいサービス”ってどういうこと?」という疑問の答えはもちろん、実際にサービスを設計するとき、現状の仕組みを見直したいときに、必ず留意すべき15の原則をまとめています。


    自身が携わるサービスが、実はユーザーにとって非常に使いにくいものであることに気づくのは難しいものです。しかもただ「使いにくい」だけでなく、知らず知らずのうちに、ユーザーに深刻な危害を加えていたり、包摂すべきユーザーを排除していたり、あるいは社会に悪影響を与えているとしたら……?


    ユーザーとサービス提供者が互いに抱く期待は、たいていすれ違います。特に、ユーザー側にいろんな選択肢があるデジタル時代において、そのすれ違いをなくすことは決してかんたんなことではありません。ここで取り上げる多くの事例のように、そうした齟齬から生まれる悲劇的なサービスにならぬよう、本書でよいサービスデザインの心得をおさえましょう。


    ビジネス領域はもちろん、公共サービスも含めたあらゆる「サービス」に関わる人にぜひ読んでいただきたい一冊です。


    - - -


    マイク・モンテイロ氏(『Ruined by Design』著者)とマーク・スティックドーン氏(『THIS IS SERVICE DESIGN THINKING』共著者)による「まえがき」も収録!

あなたも好きかもしれません

Good Service DX時代における“本当に使いやすい”サービス作りの原則15 by none ダウンロード PDF EPUB F2