最後に編集されたのは 管理者
03.02.2021 | 歴史

九十九怪談 第七夜 (角川文庫)

  • 85 読みたい
  • 44 現在読んでいるもの

発行元 木原 浩勝 .

    Download 九十九怪談 第七夜 (角川文庫) 本 Epub や Pdf 無料, 九十九怪談 第七夜 (角川文庫), オンラインで書籍をダウンロードする 九十九怪談 第七夜 (角川文庫) 無料で, 本の無料読書 九十九怪談 第七夜 (角川文庫)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 九十九怪談 第七夜 (角川文庫) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  木原 浩勝
    • レーベル:  角川文庫
    • シリーズ名:  九十九怪談
    • 発売日:  2016年05月25日
    • 出版社:  KADOKAWA
    • 商品番号:  4335622900300
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    とある駐屯地で起きた怪異の数々。弾薬庫の人影、ベッドに正座する着物姿の女、兵舎の奥から聞こえる子供の足音、夜中に響く銃声……。隊員も震えあがった恐怖体験(「自衛隊駐屯地」)。化粧品会社の工場にある無菌室で夜勤中、足元でカサカサと音が……(「無菌室」)。病院の霊安室、閉店後のデパートの売場フロア。誰もいない場所で〈何か〉にセンサーが反応し赤ランプが点る(「発報」)。日本全国で起きた恐るべき怪異の数々。選りすぐりの本当にあった怖い話99本。

あなたも好きかもしれません

九十九怪談 第七夜 (角川文庫) by 木原 浩勝 ダウンロード PDF EPUB F2